品質方針/環境方針

 社会資本の整備に携わる当社においては、品質の向上や環境との調和が重要であるとの認識から、品質マネジメントシステムは1999年9月に、 環境マネジメントシステムは2001年10月に認証を取得いたしました。
 今後も、両マネジメントシステムを効果的に適用して業務を遂行し、お客様に満足頂けるよう、継続的な改善を続けてまいります。

品質マネジメントシステム (ISO9001:認証内容詳細はこちら)

【品質方針】
顧客の期待や要求を受け止め、信頼と満足を得る高品質な技術サービスを提供する。
1.工程管理や定期的な審査を確実に実施し、契約工期を順守する。
2.顧客ならびに社内における情報交換を密にし、契約内容及び協議結果を成果品に確実に反映させる。
3.技術の研鑽に励み、企画提案や成果の付加価値(顧客満足度、的確性、地域整合度)を高める。
4.各業務プロセスにおける目的や課題、職責、担当の役割・責務を明確にし、経済的で効率的な業務の遂行を心掛ける。
5.本マネジメントシステムを確実に実施し、ミス・クレームを低減する。
6.本マネジメントシステムの有効性の継続的な改善を図る。

 

環境マネジメントシステム (ISO14001:認証内容詳細はこちら)

【環境方針】
職場環境や地域環境の保全に積極的に取り組むとともに、業務を通じて自然環境の保全と汚染の予防に貢献する。
1.自然環境や地球環境の保全に関する技術習得に努め、環境負荷の検討を行い、積極的に技術提案を行う。
2.現場作業においては、現場環境の保全と復元に努める。
3.オフィス活動やボランティア活動等を通じ、省資源化やリサイクル、ならびに、職場環境や周辺地域環境の保全に努める。
4.関連する法規制を遵守するとともに、本マネジメントシステムの継続的な改善を図る。